グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーションat

2010年09月29日

タリーズ

   1992年シアトルにて設立。コヒーショップ・チエーン。 
   1997年8月7日銀座にて一号店
   1998年5月12日タリーズコーヒージャパン設立
   2006年11月1日伊藤園が株式の過半数を取得。


      *スターバックスよりタリ-ズが好きです。     


  
タグ :スタバ


2010年09月28日

見捨てられた年号たち

           例えば神社(日枝神社)の隅に、
      無造作に捨て置かれた、壊れた鳥居の石柱。

   よく見れば、享保(1716~1736)の文字、 
      十三年四月、戊申(つちのえさる)、寄進、
           と読めます。
 *すぐ隣の護国寺の焼失は天明五年(1785年)の二月六日の夜の事でした。    



      例えば、寺院(天龍護国寺)のはずれには、 
   無縁仏の墓石がひとかたまりに集めてあります。


    よく見れば、文化(1804~1818年)
            文政(1818~1830年の文字。


*現在の本堂は享和三年(1803年)十月の再建、落成でした。



  


Posted by 捨蚕at 22:54
Comments(0)上並榎シリーズ

2010年09月28日

変わらない三角形

    ①文化七年(1810年)の絵図です。
    覚法寺、熊野(高崎神社)の文字が見えます。
    木戸や城代組屋敷も確認できます。



    ②明治30年(1897年)の地図です。
     柳川町、堰代町、熊野社、恵徳寺の文字がみえます。


    ③昭和35年(1960年の住宅地図です。
      まだ道路の拡張する前です。 
      天引医院、柳川郵便局、小林理髪店もあります。


    ④平成12年(2000年)の住宅地図です。
      ホワイト・インがあります。



   *ほとんど変わらない三角形の土地がありました。
   *200年間も不変の、貴重な三角形です。  



  


2010年09月27日

たま(魂)しずめ(鎮)の舞

            順延のため26日の夜の徳明園 

         開演前に洞窟観音へ(様々な観世音菩薩) 

         山徳記念館にはステンドグラスの七福神  

 しとしとと降りしきる雨の庭園、

     闇の水面に現れた白装束の信乃輔 

         たぶんこの世のものでないもの、  

     もしかして何かの化身

        魂(たま)を鎮めるための儀式の舞か

            太古から伝わるものの復活の舞か




       *詳しくは迷道院さんの動画ブログをごらんください。


  


Posted by 捨蚕at 09:39
Comments(1)小発見シリーズ

2010年09月25日

続・電車軌道専用道

    長野堰を渡る電車の写真を見つけました。

      昭和27年頃の撮影だそうです。

    電車を見てる子供達のいるところに、

     ”RAIL ROAD”と”CROSSING”の標識

   電車はやがて、電車山を越えて飯塚車庫へと向かいます。

         (住吉町と飯塚町の停留場の間のことでした)

  

2010年09月24日

龍馬暗殺

慶応三年十一月十七日 雨

坂元龍馬 一昨晩何者ともわからぬが、無体に踏み込み、坂元をはじめ家来ほかに石川清之介手負いとのこと、家来と坂元は即死、石川は存命とのこと。しかしながら、右の仕業は壬生浪士と見込みいる。

                   (桐野利秋日記より)




   坂元龍馬とは坂本龍馬、
   石川清之介とは中岡慎太郎、
   壬生浪士とは新撰組のこと。

日記によると、11月の15日16日17日は雨天とのことです。

11月15日午後9時頃、三条下ル蛸薬師角の醤油商近江屋二階部屋にて、龍馬暗殺される。

11月18日(晴) 暗殺当夜に事件直前まで二人と同席していた土佐藩士岡本健三郎を誘って、二人の墓参りをしています。
そこで土佐藩士高松太郎(龍馬の甥)と坂本清次郎(龍馬の姪の夫)の二人の身内の海援隊士と逢い同行して帰宅しています。
その日は、大久保一蔵の旅宿にて一泊しています。

  


Posted by 捨蚕at 00:02
Comments(0)

2010年09月22日

秋茄子を逮捕

長茄子が三本とれました。 
 我が家で唯一の農業生産物です。」

だから朝飯は茄子つ”くし、味噌汁の具、焼き茄子、糠漬と。

セキチューで購入した二本の茄子苗、 
 ひと夏、楽しませて頂きました。


 




思えば、我が家の歴史において画期的なことです。
 ひと夏中、自家製の茄子が食べられるなんて。
この様子だと、もうしばらく楽しめそうです。
    (そうそう、バジルもありましたね)

  
タグ :長茄子


Posted by 捨蚕at 10:18
Comments(0)数字のある風景

2010年09月22日

すもの食堂

迷道院さんのブログをみて、
”すもの食堂”に妻と散歩がてら寄って見ました。

午後7時かレセプションとのことで、
準備に忙しい最中にお邪魔してしまいましたが、

ていねいに説明をしていただき、
おまけに”僕ビール・妻ジンジャエール”をご馳走になりました。
(ジンジャエールはほんものでした)

野菜類は完売済とのことでした。 

商家の蔵の重厚さと、存在感に圧倒されました。

ふと”なにかに立ち向かう若者の姿”をかいま見たような気がしました。


  


2010年09月21日

安政七年正月十八日のこと

  安政七年正月十八日     
  江府御出立
  築地講武所より
  羽根田沖・亞舟ホーハタン迄
  我国御用舟にて御一同出帆
  亞墨利加国え 
  御用使航海御人数・・・・
  

幕末遣米使節目付・小栗豊後守忠順の従者である権田村名主・佐藤藤七(54歳)の渡海日記の冒頭の書き出し部分です。






正月十八日(晴れ)
小栗公は駿河台の自宅を午前10時に馬にて御出発されて、
正午に築地海軍場に到着なさました。 
他の方々も正午には集まられ、午後2時に小舟にお乗りになり川崎の沖にて、
アメリカの迎えの船・ポーハタン号に乗り移りなされました。
船長や仕官らが船の入り口に出迎え、
楽器を演奏し祝砲を連発いたしました。 
午後3時に蒸気を発しつつ横浜沖に到着したのは午後4時過ぎ、
ここにて停泊しました。





小栗豊後守(帰国後に上野介となります)の駿河台の自宅から、築地の講武所(海軍場)までを江戸古地図でたどってみました。 
だいたいですが、湯島聖堂から築地本願寺までのようです。
9名の従者を引き連れての約2時間の行程でした。



  

2010年09月20日

六郎です



 秋の彼岸の手土産にと、 

   六郎さんで和菓子を二箱ばかり、 

      来店は今春の父の法事の引き物以来です。


  あれれ、どこかで見たものを発見!

     ”made in迷道院さん”のあの番付表 

         お気に入りは、右下の”おこんじょ”   
  
 昔の女の子は毎日のように、この言葉を使って大きくなったものでした。  

     (和菓子屋さんはあまり行きませんが、たまに行く時はこの店です)

  
タグ :おこんじょ


2010年09月20日

今万人(いまじん)です

喫茶店という言葉が死語になってしまったような今どき、 

   モーニング・サービスもある落ち着いた店です。 

     以前はミスター・ドーナツでした。 

        今月は、エクアドルがお奨めだそうですが。

ハキハキした、開店以来の店長さんです。 

 コーヒー・ショツプでなく、いわゆる”サテン”でした。

     ゆっくりと、時間がながれていきました・・・・。

      (少し贅沢をした気分にさせていただきました)
  

2010年09月18日

よくよく見れば・・・(庚申山古墳の続きの続き)

”せきね”さんから、ご指摘された通り”ニ猿”を確認できました。 
 石宮の正面に、二匹の猿らしきものをみつけましたが、 
 ”日月”は確認できませんでした。  

石宮のすぐ隣に猿田彦大神と書かれた石碑がありました。
これも庚申塔だそうですが、年月日はありません。

石宮と一緒に庚申塚古墳から移されたものなのでしょうか。 
それとも、別の場所からやって来たものなのでしょうか

そもそも、ここ神明宮は前方後円墳、
 前方部は大正時代に崩されて神明会館になりました。
住所は、”並榎町山王裏364”です。
 この南に天台宗の寺院と日枝神社があつたということ、 
 もしかして、常仙寺のある場所にその昔、
      天台宗の寺院があつたということ?。


       謎は謎を呼びますね。 

    (せきねさん有難うございました、
     こんな話で盛り上がるブログを夢見ています)


  

Posted by 捨蚕at 16:36
Comments(1)下並榎シリーズ

2010年09月17日

よく見れば・・・(庚申山古墳の続き)

     9月12日付のブログの石宮です。

 よく見ると十字の上に顔のようなもの・・・。 

  よく調べると、二猿というものらしい。
        (だから、庚申石宮です)

 もっと調べると、 
     旧高崎市内の庚申石宮の数は53基、
      そのうち、年不明が24基、 
     残る29基のうち13番目に古いのがこの石宮とのこと。

  (こんな事を調査した人に、まず脱帽します 
              そして思います、何の役になるのかと・・・) 

    でも、時々どうでも良い事を山ほど知りたいという、
                 衝動にかられるstegoでした。 

  


Posted by 捨蚕at 18:06
Comments(1)下並榎シリーズ

2010年09月17日

村上鬼城(錦絵・高崎人物図鑑第6回)

          TAKATAI(1040号・2010・9・17)掲載


いつも年寄りの鬼城を見てましたので、ビックリしてしまいました。

慶応元年七月神田明神近くの鳶坂の鳥取藩邸の生まれだそうです。
  
  神田明神といえば平将門。

将門を強く意識した若き軍人志望の、自由民権運動家の若き日の鬼城のイメージだそうです。

      ちなみに今日は鬼城忌、鬼城の命日です。

   



  


Posted by 捨蚕at 11:10
Comments(1)高崎人物図鑑

2010年09月16日

変わらないもの(成田山の入口)

 私が最初に見たのは、多分昭和30年頃だとおもいます。

  二枚目の写真は大正時代とのこと、

  当時とほとんど変わっていないのに驚きました。

 高崎に生まれ育った者はみんなそれぞれの思い出がある場所ですね。 

   そんな、話を聞いてみたいと思います、是非コメントを・・・。


  


2010年09月16日

冬瓜と虫と蟷螂と

昨日は九月の句会でした。今回は出席者が少なく五名です。 
一人三句のため、計十五句です。

  禅寺や 酷暑がすわる座禅石   **

    虫時雨 聞きわけながら眠り落つ

       初摘みのトワルコ・トラジャ 九月かな

         芒原 老母の髪となせる風  *
  
           体内の水を狂わせ 嵐去る

    山門に一歩づつなり 白桔梗  **  
  
     除幕待つブルーシートの鬼城の忌

      十六夜やしばらく絶えし子の便り  *

        冬瓜を枕に遊ぶ ふたりかな

          狂ひける豊葦原の 暑さかな


  難しい名前の葡萄 試食する 

   自問する 心の闇の稲光   **

    虐待の子はあはれなり呑龍忌

      白秋や にぶく光しトンボ玉   **  

        背をなでる写経の風の涼しさよ  **

  











































    (冬瓜の前に虫籠・その上に虫・中にカマキリが二匹います) 



  


Posted by 捨蚕at 10:59
Comments(0)俳句のすすめ

2010年09月14日

最後の一頁(小栗日記より)

これは小栗日記の最後の部分です。日付は慶応四年閏四月小二日酉とあります。 
この年は閏(うるう)月にあたりました。したがって、四月は二ヶ月ありました。
(正月は29日間、二月は30日間、三月は30日間、四月は29日間、閏四月は29日間)

上野介が刑死したのが四月六日の午前11時ですので、刑死の4日前が日記の最後の頁でした。

最後の頁にある、塚本真彦(小栗家用人)と小栗又一(養嗣子)も高崎に出向いたまま捕らえられ、翌七日城内にて斬首されました。


        ***     ***   ***   ***     

 江戸城西の丸・芙蓉の間で陸軍・勘定両奉行を罷免されたのは、慶応四年一 月十五日の昼過ぎでした。

 江戸駿河台から権田村の東善寺に着いたのは、慶応四年三月一日の夕七時でした。

 明治に改元されたのは慶応四年九月八日(1868・10・23)でした。

  



  


2010年09月14日

初摘みコーヒー



     ”モカ”ってイエメンの港町の名前だそうです。

              コーヒー・ルンバでは、モカ・マタリ

     トラジャてなあに、インドネシアの地名。

       トラジャ・ブレンド    315円
          トラジャ・コーヒー    420円
             そして、”初摘みトラジャ”は  金 525円也



  


2010年09月14日

アルフォンスミュシヤ展(9/18~11/7)

                   (1860-1939)

①黄道十二宮 ②サラ・ベルナール ③モナコ・モンテ・カルロ ④花 ⑤メディア ⑥闘う魂 ⑦蛇のブレスと指輪 ⑧ジスモンダ


  

2010年09月13日

市役所辺り(高崎市制110周年)

110周年記念・日曜市議会が13時からということで傍聴のため市庁舎にいきました。

ミュシヤ展が9月18日からはじまるそうです。180点の展示だそうです。堺市はずいぶん所有してるようですね。 

マリオネット展も9月11日から始まっていました。チエコのブルゼニ市との姉妹都市の関係なんですね。

遅い昼食のためスズランへ行く途中の音楽センターの横で、ドラムとベースとサックスとハープを見っけました。

それと、お濠の土手添いに、よく見ると五線譜のヘンスがありました。