グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーションat

2011年01月16日

大橋の井戸の4・5.8号



並榎橋のすぐ南






















  紡績踏切のすぐ南






















 

  研屋さんの東
    








  

Posted by 捨蚕at 18:52
Comments(0)数字のある風景

2010年09月22日

秋茄子を逮捕

長茄子が三本とれました。 
 我が家で唯一の農業生産物です。」

だから朝飯は茄子つ”くし、味噌汁の具、焼き茄子、糠漬と。

セキチューで購入した二本の茄子苗、 
 ひと夏、楽しませて頂きました。


 




思えば、我が家の歴史において画期的なことです。
 ひと夏中、自家製の茄子が食べられるなんて。
この様子だと、もうしばらく楽しめそうです。
    (そうそう、バジルもありましたね)

  
タグ :長茄子


Posted by 捨蚕at 10:18
Comments(0)数字のある風景

2010年08月31日

続・よく見りゃ線路は数字がいっぱい(確認作業)

白ペンキで、3k300とあります。 

 ここは2k927の西小前踏切と

  3k650の室田街道踏切のほぼ中間地点です。

               (納得です)





見ずらいですが、Lの字と数字です。 

複線の信越線の横川方面に向かって、右の線路がR,左がLでした。  

   (少し納得ですが)

数字は10mごととすると、約1500m。何でしょうか。 

それとこの矢印、北の方向とは多少違うようですが・・・。



  

Posted by 捨蚕at 11:48
Comments(1)数字のある風景

2010年08月28日

よくみりゃ線路は数字でいっばい






赤い頭をした杭が
線路脇に続いていました。























枕木にも多分10Mごとに白ペンキで、100Mごとに赤ペンキで、数字がありました。





















ところどころに、こんなのがあります。 
なんでしょうか。カーブそれとも勾配? 















 




信号機にも数字が・・。 






よく見りゃ線路は数字がいっぱいでした。  

Posted by 捨蚕at 09:03
Comments(4)数字のある風景

2010年08月23日

一里塚のこと(1)

江戸日本橋より28里、つまり28番目の一里塚。

家康が整備し、大久保利通が廃止したという中山道の一里塚は、
江戸から草津まで129里といいますから、この数だけ存在していたのでしょうか。

27番目は九蔵町に、26番目は倉賀野に、 
29番目は安中の中宿に、30番目は原市の字一里山に、 
あったそうです。

数字を見ると追いかけ始める、あの病気がまた再発しそうです。
























































































  
タグ :一里塚


Posted by 捨蚕at 11:24
Comments(7)数字のある風景

2010年07月28日

場所と時間と私と


私がいる場所は 


 北緯36度20分11秒
 東経38度59分54秒
 標高99M55CM


ここが私がいる場所です。 


 西小の校庭です。



(私は散歩の途中です)







  東西南北の標示と 

   ”基準点№23”と  

  ”ストーン・サークル” 

  この地球の中で 

  この場所は”ここだけ”   

  特別な一地点です

 何故なら私が今いるからです。








 
 時間は午前7時頃  

 ほぼ正確です。

 50年前に、小学生の私がここにいました。 

 25年前に、二人の子供とここにいました。 

 そして今、散歩途中の私がいます。 

 宇宙の時空の座標軸の 

   交差する場所の  

 一点に私が立っています。 

  (でも、私は散歩中です)  


Posted by 捨蚕at 09:41
Comments(2)数字のある風景

2010年07月27日

大橋六号井・スイングの近く









































    5月13日に”大橋七号井”を紹介したままでした。 
      ところが、昨日偶然に散歩中に”大橋六号井”を発見しました。




 ここは並榎町 
 高前バイパスの高架下


 信越線と長野堰と
  旧室田街道を 
   跨いでいます。

 実はこの大橋井 
 4・5・6・7・8は 
 見つかっていますが、 
 その全体像も
 1~3号井のことも  
 何も解っていません。 

 ただ散歩途中の
”数字のある風景”です
 



 
   (余談です )
 話は変りますが
  すぐ東は 
    ジャズ喫茶 
     ”スイング”です  

 閉店の噂を聞きました 

 あまり行けませんでしたが 
 寂しいですね。 

 もう20年も前のことですが 
  ことの成り行きから
 ジャズピアノと津軽三味線の        
ジョイントを企画したことがあります。    
   50枚位チケットを売りました。 

  
タグ :スイング


Posted by 捨蚕at 09:00
Comments(0)数字のある風景

2010年05月13日

大橋七号井(数字のある風景①)






 





















”数字のある風景”という言葉が頭に浮かぶ。 
テレビだとおもうが、内容はすでに忘れている。

七号井戸があるということは、一号から六号まで、あるということ。 
どこにあるのだろうか。 

なぜか気になるが、水道局に聞く気はまったくない。 

ただ、漠然と気にしている自分がいるだけ。
  


Posted by 捨蚕at 07:08
Comments(2)数字のある風景