グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーションat

2011年07月30日

音楽センター

7月28日・コアホール・50周年記念・連続シンポジュウム・

  喧々・諤々

どうする・・・群馬音楽センター

  それにしても、なんと50年・・心の文化遺産とか・・・。

あなたにとって、音楽センターて何ですか・・・・・・。

  私にとっては、ピンキラの歌を聞いた所、
         成人式の会場、
         敬老の日に記念品を貰う場所、
          でも一度だけの口パク合歌団の出演場所。

  

Posted by 捨蚕at 21:22
Comments(0)小発見シリーズ

2011年07月19日

ステゴの挑戦(ダイエットⅠ)

   *二ヶ月間の数値の比較です。
          (5月15日)         (7月15日)
    体重      66・0㎏           62・8㎏
    体脂肪    21・5%            18・6%    
    IBM    24・2%            22・8%
   基礎カロリー  1,372k㌍          1,346k㌍
   内臓脂肪レベル  11レベル           9レベル  


        60日で体内の脂肪が2,509グラム減少しました。

        1gの脂肪の燃焼のためには、7,200k㌍が必要だそうです。

          ということは、一日あたり約300k㌍が、

        消費㌍が摂取㌍をオーバーしたということです。

        それは、白米ご飯一杯、かけうどん一杯、チーズバーガー一個、

           そんな摂取㌍だそうです。

   何のためか・・・・血糖値をさげるためです。
   
   何をしたか・・・・主食を抜きました、
            つまり炭水化物を
            基本的に摂りませんでした。               
    
   *焼酎と糖質ゼロビールは飲み放題、肉と魚と野菜は食べ放題
    血糖値はというと、それは次回報告します。



  

Posted by 捨蚕at 05:54
Comments(0)小発見シリーズ

2011年04月16日

コラボ


    コンクリート電柱と大桑の木


    白と黄色のタンポポ


    椿と桜


    そして・・・高崎が好き。
  

Posted by 捨蚕at 23:20
Comments(0)小発見シリーズ

2011年04月16日

散る桜


        花筏(はないかだ)




       花小紋(はなこもん)


       花・敷石路(はなしきいし みち)



       花石畳(はないしだたみ)       
  

Posted by 捨蚕at 15:49
Comments(1)小発見シリーズ

2011年04月11日

磔形(たっけい)の国

      昨日ひさびさに購入した”文芸春秋”五月号に、
      岡野弘彦(歌人)の”この火山列島に生きる外なし”
          と言う小文が目に留った。



 遠い古代、富士山をはじめ多くの山々が火を噴く東海の果ての火山列島に、
 アジアの各地から幾度も繰り返して渡来したわれわれの祖先は、
 みな身心壮健で、未知の世界への憧れと新生活への情熱に満ちた
 勇敢な人々であった。


      しかし、東海の万里の波濤に向って、
        アジアの巨大な重量を背負って
     磔形の如く苦しく身を反らすこの国の形は、
    そこに生きる人間が負うべき重い試練の形でもあった。
 
 

  

Posted by 捨蚕at 13:30
Comments(0)小発見シリーズ

2011年04月08日

やっと・・・咲きました

        やっと、咲きました。
    今年ほど待ちどうしかった桜は初めての気がします。 

   今朝、仙台からお見舞いのお礼の電話が田中康ちやんからありました。
     昨夜の余震での形着けが、いま終わったところとか話してました。


   母と孫と長野堰沿いの桜を見に散歩にいきました。
   
   幸せと思うと同時に、もしかして、三人で桜を見るのも、これが最後かなと、
          ふと、思つてしまいました。

   何はともあれ、待ちに待った桜が咲きました。





  

Posted by 捨蚕at 11:30
Comments(0)小発見シリーズ

2011年03月31日

我が家の要石(かなめいし)

  3月11日のその時、私は内孫の二歳半の男の子を抱いて、
  この石にしがみ付いていた様な気がします。

  何故そうしたのだろうか、突然の行動の意味を考えてみます。

    
  鹿島神宮に要石というものがあります、
  地震を起こす大鯰の尾と頭を抑える杭だそうです。

  ”ゆるげども、鹿島の神のあらんかぎりは”
        中世から伝わる地震(なゐ)歌だそうです。

  
  我が家は祖父、父、私と、男の子は一人でした。
  私には二人の男の子がいますが、長男は養子に出しました。
  同居の次男の一人息子が二歳半の孫です。  
  
  咄嗟の間に、要石に孫を抱いてしがみっいていた自分に、
   何か不思議な無意識の意識(本能)を思う次第です。

     そして、我が家に要石が誕生しました。

  

Posted by 捨蚕at 21:31
Comments(0)小発見シリーズ

2011年03月27日

みんな生きようとして・・・

  高前バイパスのコンクリート壁面です。

  壁の亀裂から、たくましく生きようとしています。 

  黄色のキク科の花が咲いていました。

  見上げると、白浅間・・毅然とした独立峰の勇姿。 

  足元を見ると、多分”仏の座”と”ぺんぺん草” 
  
  そこまで来た春が震災以後は、足踏みをしているようです・・。



  

Posted by 捨蚕at 13:42
Comments(0)小発見シリーズ

2011年02月12日

雪と植物


  さざんか

 きんかん

 ねぎ 

 こまつな
  

Posted by 捨蚕at 22:35
Comments(0)小発見シリーズ

2010年11月04日

松井常松てなんだ

      出生名   松井恒ニ               
       1960年9月8日生まれ(50歳)
         BOOWY時代は松井恒松  
           1992年から常松に改名      
      直立不動のベーシスト    
       高崎倉賀野生まれ              
          氏名の中に松を二つ持つ男



  

Posted by 捨蚕at 05:34
Comments(0)小発見シリーズ

2010年10月01日

カードな生活

     ”ほっともっと”で弁当をケイタイ・クーポン150円安で購入。 

       セブン・イレブンで飲み物を”ナナコ支払”で購入。  

         ベルクで本日三倍デーのため,”FOUR ROSES”を購入。
 

  

Posted by 捨蚕at 21:44
Comments(0)小発見シリーズ

2010年09月27日

たま(魂)しずめ(鎮)の舞

            順延のため26日の夜の徳明園 

         開演前に洞窟観音へ(様々な観世音菩薩) 

         山徳記念館にはステンドグラスの七福神  

 しとしとと降りしきる雨の庭園、

     闇の水面に現れた白装束の信乃輔 

         たぶんこの世のものでないもの、  

     もしかして何かの化身

        魂(たま)を鎮めるための儀式の舞か

            太古から伝わるものの復活の舞か




       *詳しくは迷道院さんの動画ブログをごらんください。


  


Posted by 捨蚕at 09:39
Comments(1)小発見シリーズ

2010年08月30日

美術館”はまゆう山荘”

小栗上野介の縁で、横須賀市の保養所としてスタート した山荘も、今年で25周年とのことです。 

インド砂岩を使用した建物は、やはり本物です。

いま、上杉一道さんの絵画を長期展示してます。 

壁面の色彩と絵画がみごとに調和しています。

剣崎にお住まいとか、約20点の作品展示です。






  


Posted by 捨蚕at 09:22
Comments(2)小発見シリーズ

2010年08月24日

私(stego)・2010・ 8・ 24

    ハチャメチャなstegoの一日を紹介します。

①マンション8階に、鳩の雛の死骸を発見(苦情)。
  丁重にお弔いさせて頂きました。南無阿弥陀仏。
②”しおん”という名の店で、焼きサンドの昼飯、
  眼の前に何故か”CocaCola”のプレートとマイセンの皿。
③古文書の会に久々に参加しました。平均年齢は確実に70歳以上。
  (享和四年のお話です)実はチンプンカンプン。
      
                 今日も暑い一日でした。
                  ああ、しんど!

  

Posted by 捨蚕at 17:48
Comments(0)小発見シリーズ

2010年08月22日

弁財天



迷道院さんのおかげで観音山の”一路堂”で、
このな美女と出会うことが出来ました。

もともとは、ヒンドゥー教の”河の女神”だそうです。

この女神さん神社にも寺院にも、いらっしゃいます。 
  (たとえば須苗子神社にも水沢寺にも)




  
タグ :弁財天


Posted by 捨蚕at 20:42
Comments(6)小発見シリーズ

2010年08月21日

三分間・140円の旅

      歩くには暑すぎる。バスは嫌いだ。タクシー乗るほどでもない。 
              そうだ、電車で帰宅しよう。







12:22 

5番線、高崎発の信越線
横川行き





















運賃140円也 

最短距離の
最低価格の運賃





















FOR YOKOKAWA

3分弱で北高崎駅到着予定 




















 到着後 

 北高崎駅で運賃を確認 
 多分バスよりも安い















 



 12:25 
 電車は群馬八幡駅に向け 
 発車しました。  

徒歩で自宅まであと12分でした。 
 
 12:37 自宅着  

Posted by 捨蚕at 14:08
Comments(3)小発見シリーズ

2010年08月20日

京の夢・大阪の夢

     何故か突然”いろはカルタ”です。

     いわゆる犬棒カルタです。
                 江戸カルタとも云うそうです。 

そしてその最後に”京の夢・大阪の夢”があります。 
              そしてこれがまさに意味不明です。 

最初に絵を見て思ったのは、”京の着道楽、大阪の喰い道楽”かと思いました。

調べると、京で官位を、大阪で大富豪に、”立身出世の夢”という説もあります。 
  
もちろん、夢なら京でも大阪でも簡単に旅ができるという意味も・・・。 

  ふと、思ったんですが、もし京を凶とすると、
           明智光秀と豊臣秀吉が頭に浮かぶのですが・・・。
              ”反逆の夢と黄金の夢”

     いずれにしても、意味不明のようです。

     なぜか、伊呂波歌留多でした。
  


Posted by 捨蚕at 22:40
Comments(0)小発見シリーズ

2010年08月05日

見上げてごらん

①”サイゼリヤ”の天井です。
    (600円位のランチでドリンクは飲み放題)










































 ②高原のホテルの天井です。
   英国のロッジ風だそうです。 










































 ③海辺のホテルの天井、
  あまり高すぎて天井が見えませんが。
  

Posted by 捨蚕at 09:14
Comments(0)小発見シリーズ

2010年07月15日

追加版”駅からウオーク”

7月5日の上毛新聞の”駅からウオーク”の私的追加版です。
 北高崎周辺の8枚の写真が掲載されています。
   とりあえず、2枚ばかり追加させていただきます。

 両方とも信越線の南の側にあります。


①(上州絹糸紡績の事務所跡)


 その後は東部通信でした 
 
 剣道の道場がありました 
 
 今は商科大のグランドです


 木造のペンキ塗りの事務所 

 大樹と長いアプローチ 

 ”北の国”を連想させます。





 
②(吉田御殿)  


 通称”吉田御殿"です。 

 30年位前はたぶん 

中紺屋町あたりにありました。 

大橋町に移築したんですね。 

 二階の窓から 

三味線の音がきこえそうですね。  

Posted by 捨蚕at 11:05
Comments(0)小発見シリーズ

2010年07月10日

龍馬と関わった人達(1)



佐久間象山(1811~1864) 

洋学の第一人者
  通称・啓之助

門弟には、勝海舟・吉田松陰・河井継之助・坂本龍馬・等々。 


元治元年七月十一日、
攘夷派により三条木屋町で
暗殺される。

”西洋かぶれ”の象山さん 
供も連れずに白馬に跨り  
京の町を往来してました。








 山内容堂(1827~1872) 

 晩年は
 山谷堀の料亭有明楼で
 遊興三昧
 別名は”酔侯”
 もしくは”鯨海酔侯”


 ”酔えば勤皇
   醒めれば佐幕”














 陸奥宗光(1844~1897)

 通称 陽之助 
 後には”カミソリ陸奥”

 私見ではありますが、 
 龍馬の後継者は 
 この人かもしれません。 

 若かりし頃の陸奥は、 
 雑踏の仲を他人と 
 ぶっかることなく
 すり抜けることに 
 たけていたそうです。









 

 板垣退助(1837~1919) 

 幼名 乾猪之助 
 
迅衝隊(じんしょうたい)総督
東山道先鋒総督府参謀兼任 

土佐勤皇党の流れを汲む 
この迅衝隊約600名は 
慶応四年一月十三日に 
前年の九月に龍馬が土佐に回漕したであろうライフル銃、壱千挺を手に東征軍として土佐を出発します。

三月六日に甲州勝沼で甲陽鎮撫隊を破ります。

そのころに乾退助から板垣退助に名を変えています。 
なんでも、ご先祖が信玄の武将板垣信形だという理由だそうですが。  


Posted by 捨蚕at 07:45
Comments(0)小発見シリーズ