グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーションat

2011年09月20日

お地蔵さん(九月定例句会)

今月の課題は”爽やか”と”霧”とか、私にとつては難行苦行でした。
 雑詠も含めて特選が六句ありました。

  ① 六合村や霧の中ゆく字小雨
     (六合とは、赤岩・太子・日影・小雨・生須・入山)   
  ② 一塊となりて霧中に牛沈む
     (牛沈む・・が好いね)
  ③ 山霧のビビビとなびく上高地
     (ビビビがよく分からない)
  ④ 霧去りて深山はなほも霧を呼ぶ
     (なほも・・がいいのかな)
  ⑤ 鉦叩き悔いの残りし母のこと
     (やはり悔いは残るもの・・)
  ⑥ 爽やかや座する地蔵の宝の珠
     (錫杖と宝珠を手の立像はよく見かけますが・・)
           以上六句でした
              ステゴは⑥でした。


  このお地蔵さま、縁あって、この夏から我が家の庭に鎮座しております。
  50年間近く市内の某宅にお住まいでした、その前は相馬の方とのことでした。

  この夏には孫が8月、9月と誕生しました。
  子育てにと、壊されて埋められてしまうのを、戴いて来たわけでして・・・。

     ”庭隅に残る暑さや 捨地蔵”
  
  最近よく石屋さんで見かける機械彫りと違った素朴さを感じます。      

  

Posted by 捨蚕at 11:43
Comments(1)俳句のすすめ

2011年08月14日

蜻蛉三句(八月定例句会より)

今月の課題は赤トンボと残暑でした。
そのうち、赤とんぼの句を三句紹介します。

 ① 太古より仮面ライダー 秋茜 
    (まさにトンボの顔そのもの・・)      

 ② ”赤とんぼ”三番歌詞の謎深し
    (十五でねいやは嫁に行き、お里って何処・・)
    
 ③ 赤蜻蛉 ジュラ紀の窪地を見詰めをり
    (恐竜がいて巨大な昔トンボがいて・・)






  ①は特選 ②は無視され ③は佳作  全てステゴ作でした。  

Posted by 捨蚕at 09:00
Comments(0)俳句のすすめ

2011年07月14日

句碑ふたつ(七月定例会)

  七月の句会は山名八幡宮での吟行会となりました。

  境内に句碑がふたつありました。

  ”虫封じ”と”太刀割の石”が詠まれてます。
       

         (秋祭り 児の母となり 虫封) 仙花



         (太刀割の 石暖かく 掌にふれし) 竹人


  鶴田恭子さん選の特選10句です
   (課題句の昼寝から5句)
      ① 歳時記の胸に重たき昼寝かな
      ② 光陰を軽んじてまた大昼寝
      ③ 念力のゆるみ昼寝の十五分
      ④ 一瞬は吾を失う昼寝覚
      ⑤ 気に入りの玩具はなさぬ児の昼寝

     (吟行句から5句)
       ⑥ お稲荷(とうか)の視線の先の蝉の稚児(ちご)
       ⑦ 神官の衣涼しく重ねけり
       ⑧ 山名氏の浮沈の池や水馬
       ⑨ 夏宮にこつそり願う呆け封じ
       ⑩ 子育てに詣で懐かし夏木立

   後日発表の特選第一席はどの句となりますことやら・・。
        ちなみに、ステゴの句は⑥でした。
         ちなみに、ステゴの課題句は、
          ”天明の高遠石工の三尺寝”で並選でした。  

Posted by 捨蚕at 09:52
Comments(0)俳句のすすめ

2011年05月12日

五月定例句会

   今月の課題は、若葉と母の日。先生は恭子さんです。
    あいにくの雨の中、16人の85句が出揃いました。

   佳作は16句です。
     ① 母の日や むつき取れし児 多弁なり

     ② 母の日や 遠つ母との潮来舟

     ③ 柳若葉 水面に垂れて じょうじょうと

     ④ 母の日の 子連れのパパとパンダかな

     ⑤ 初出場 ライト八番 若葉風

     ⑥ 咎なくて斬られし墓の若葉かな

     ⑦ 母の日の肩もみ券は セピア色

     ⑧ 一列に黄色の帽子 春うらら

     ⑨ 幾千の しのぶ柏手 若葉雨

     ⑩ 孫曾孫 命の連鎖 若葉もゆ

     ⑪ 若葉風途絶えこれより 神の山

     ⑫ バ-ベキュー煙の上の若葉かな

     ⑬ 腰据えて上がり框で 蕗を剥く

     ⑭ 母の日や摩る心地で 遺影拭く

     ⑮ 遠来の子らと今宵の 藤の花

     ⑯ とりどりに萌えて若葉に十の色




    平成四年二月に公民館活動として初足しました。
     同年十二月に”榎の会”と命名されました。

     ちなみに、第一回の特選の節子は私の母です。
    数年間の休憩期間を経て今年から親子で参加してます。    

 

   (特選九句) 
     ① 目に若葉 生き抜く糧とただ歩く 
     
     ② 母の日や 野の花いまも頭たれ 

     ③ 風若葉”昭和の日”なる日章旗

     ④ 陽に若葉 耳たぶほどの柔肌に 

     ⑤ 母の日の風呂から漏れる 流行歌(はやりうた)

     ⑥ リフト発つ 足裏くすぐる若葉風 

     ⑦ 落葉松のトンネルとなる若葉かな 

     ⑧ パン屑を曳き行く母の日の蟻よ 

     ⑨ 胴上げの野球小憎に 若葉空


      母の日の句が出来ないステゴ的には、特選⑧句が好きです。
      パン屑を曳く蟻に、リヤカーを引く働く母がダブります。  

Posted by 捨蚕at 08:38
Comments(0)俳句のすすめ

2011年04月14日

榎の会(四月定例会)

  課題は桜と囀でしたが、震災後の初句会とあって、三割がそれがらみの句でした。

  例えば、互選の最高点であった五点句もやはりそうでした。

   ① 囀(さえずり)を またも 断ち切る余震かな 

   ② 大地震(おおなゐ)に揺るる日本(にっぽん)花の冷


 でも、青郎先生の選句は微妙に異なります。
 (特選の八句です)

   ③ 夜桜や 口裂け女がひょつと出て

   ④ 子等居りし頃は手作り 桜餅 

   ⑤ 亡き人と 丹下左膳と花見酒 

   ⑥ O脚のジーンズ急ぐ 夕桜

   ⑦ 桜満開 かっぱえびせん飛び跳ねる

   ⑧ 囀や 心の滓は止まり木に 

   ⑨ 囀りの旅寝を覚ます 坊泊まり 

   ⑩ 船遅遅と 桜堤の絵巻繰る


  なんと、八句中四句が(③⑥⑦⑧)同一人物の進さんでした。

  佳作の中から気になつた句を幾つか・・・。

    ⑪ 悲しみの色に咲きたる さくらかな 
    ⑫ ”ありがとう”しか云えなくも 桜咲く
    ⑬ 浜ごとに 亡者輪になり 花かがり 
    



   ちなみに、①⑤⑬がステゴでした。  

Posted by 捨蚕at 13:32
Comments(0)俳句のすすめ

2011年03月09日

榎の会(三月定例句会)

  誘われて、西公民館の”榎の会”の定例句会に初出席しました。
  選者はタカタイ俳壇の選者の坂口青郎氏・兼題は”水温む”と”雛”でした。


  (佳作9句)

    ①TOTOのバスタブ・シャバッと水温む

    ②水温み心のはやる俄か農

    ③雛飾る婆は娘の顔になり

    ④友を訪う紙の雛(ひいな)に迎えられ

    ⑤端座して手酌二合の雛守

    ⑥雛あられ河原に炬燵のちゃんちゃんこ

    ⑦水温む鬼城が橋を渡りくる

    ⑧水温む街の音にも力あり

    ⑨料しょうや週に二人を送りたる



  (特選6句)

   ①五料茶屋あまたの雛に魂抜かれ

   ②水温むスカイツりーはやや太る

   ③飾るたび五人ばやしの位置迷ふ

   ④山肌の水温む音ダムへ落つ

   ⑤伊達マスク外して一歩水温む

   ⑥太郎次郎育て縁なきひひなかな

 


      人はやはり人が好きだ。こんな些細な会での繋がりも、
         生きがいと生きる楽しさをあたえてくれる。 

               ちなみに、ステゴは佳作の⑤と⑦でした。
   

Posted by 捨蚕at 15:25
Comments(2)俳句のすすめ

2011年02月22日

雛の家

     ”月光は河原つたひに雛の家”   直人

 烏川に沿っての散歩帰りに立寄った知人宅、
  通された暖炉のある部屋にその雛は飾られていました。

 庭には、白樺の木のみ数本、ぐるりには薪の塀がビッシリ。
  むこう数年分の薪燃料は確実に蓄財されている、壮観である。

 美男美女のご夫妻、すべて拾われたという犬と猫たち。 
  そして、このお雛様・・・どんな物語があつたのでしょうか・・。

 ひっそりと、でも確かな家が、
  ”ひいなの家”が、そこにはありました。

  

Posted by 捨蚕at 13:57
Comments(0)俳句のすすめ

2011年01月29日

蓑虫は捨子

    俳句の世界では
    蚯蚓(みみず)も螻蛄(けら)も蓑虫(みのむし)も鳴くそうです。

    蓑虫は何故か”父恋し”と鳴くそうです。
      だから虚子の句に
    ”蓑虫の父よと鳴きて母もなし”    





   少年時代以来ひさびさに蓑虫を見てたら
    ルドンの絵を思い出しました。   

      ・・・そして頭を持たぬ目が、
      軟体動物のようにただよっていた。
 



    寒風に 鬼の子ぶらりぶらりかな  
              ぶらstego  

Posted by 捨蚕at 10:00
Comments(2)俳句のすすめ

2011年01月16日

黒帽子


     ”寒月や 京の土産の黒帽子”
              stego 2011・1・16.   

  

Posted by 捨蚕at 21:48
Comments(0)俳句のすすめ

2010年12月12日

白いサザンカの花

      山茶花の 七七忌日(しじゅうくにち)を 競い合い (18年冬 捨蚕)

 平成18年の 四十九日の法要の日 主人のいない家の庭は

 こぼれんばかりの 白い山茶花の花が咲き誇っていました。

  あれから四年、今年も荒れ果てた庭に白いサザンカの花が、

      主人の帰りを待っているかのように・・・

         一枝を手折りして 花瓶に挿してみました。


   今年また 主(ぬし)なき家の 白茶梅   (22年12月 捨蚕)
          *茶梅とは山茶花の別称とのこと・・。


  

Posted by 捨蚕at 22:17
Comments(0)俳句のすすめ

2010年11月19日

神の留守

     我が家の屋敷神も 出雲の国へ旅をしていて留守なのでしょうか

         壊れかけたお狐も 寂しそうにこちらを見ています      

          神さまが旅から帰ったら 屋敷稲荷祭です        



           留守のまに あれたる神の落葉かな     芭蕉

             お稲荷を一尺ずらす 神無月         捨蚕

  


Posted by 捨蚕at 09:12
Comments(0)俳句のすすめ

2010年11月14日

十一月句会

         句会の会場の入口の狐の面とトイレのススキです。
            ちなみに
       トイレの右下はシルクロードという名前の香炉です。       

       今月の出席は六名です、したがつて全部で18句の俳句です。



  (二点句)は6句でした

       神渡る 吊るすもの皆 音たてて             信子
       
       くだら野や 銀蝶胸に留めておく             豈石

       ララバイとアザミ束(たば)して暮れ野道         捨蚕

       海月(くらげ)の命は永遠と聞く冬の夜          七菜

       やせ果てて冬三日月は西の方             豈石

       物干して水やつて庭 小六月               信子


  

Posted by 捨蚕at 20:52
Comments(0)俳句のすすめ

2010年09月16日

冬瓜と虫と蟷螂と

昨日は九月の句会でした。今回は出席者が少なく五名です。 
一人三句のため、計十五句です。

  禅寺や 酷暑がすわる座禅石   **

    虫時雨 聞きわけながら眠り落つ

       初摘みのトワルコ・トラジャ 九月かな

         芒原 老母の髪となせる風  *
  
           体内の水を狂わせ 嵐去る

    山門に一歩づつなり 白桔梗  **  
  
     除幕待つブルーシートの鬼城の忌

      十六夜やしばらく絶えし子の便り  *

        冬瓜を枕に遊ぶ ふたりかな

          狂ひける豊葦原の 暑さかな


  難しい名前の葡萄 試食する 

   自問する 心の闇の稲光   **

    虐待の子はあはれなり呑龍忌

      白秋や にぶく光しトンボ玉   **  

        背をなでる写経の風の涼しさよ  **

  











































    (冬瓜の前に虫籠・その上に虫・中にカマキリが二匹います) 



  


Posted by 捨蚕at 10:59
Comments(0)俳句のすすめ

2010年08月19日

今日は俳句の日(句会のすすめ)

新聞を見て今日が俳句の日であることを知りました。 

昨夜、嘉多町の某所で行なわれた月一回の句会について、ご報告いたします。 

もう三年近く続いている”飲み会の肴”のような句会です。 

今回はこの団扇の句と絵を作者が休みのため五名の句会です。 

一人三句を持ち寄ります、そして今回は一人が(自分の句以外に)四句の選句でした。

したがつて、全部で20点、一句の最高点は4点ということです。


            (涼しさや 花のくぼみに 眠る虫)
 

句会の結果
(点数)    (俳句)                       (俳号)
 ④     昼顔の 風にけだるき船着場             豈石

 ③     生き過ぎも淋しきものよ 盆の月           翠玲
 ③     ジャズ熱く聴きて残暑の町に出る           信子 

 ②     一村は蜩の中 夕けむり                翠玲
 ②     猛暑日や 思考回路のショートする          紫陽
 ②     ひたすらに 盆燈籠の回りけり           捨蚕
 ②     嫌われて 毛虫のいそぐ松の枝            豈石 

 ①     空の青 地球の青の秋初め              紫陽   
 ①     競い打つ 山車それぞれの大手前          捨蚕  
                                (以上)  
タグ :句会


Posted by 捨蚕at 09:36
Comments(2)俳句のすすめ

2010年06月16日

浅間山・真楽寺(俳句№15)



北佐久郡御代田町塩野にある真言宗の古刹です。山号は”浅間山”。

群馬から見る浅間山とは別の姿をした浅間山が、寺の背に拡がっています。 


ここは前回ご紹介した”中山道を行く”の北野寺の心海さんの故郷の地です。

このお寺は用明天皇により”火を噴く山”を鎮めるために建てられました。





お寺の前身は、
”木花咲耶姫命(このはなのさくやひめ)”の浅間神社かもしれません。 
全国に1300社ある浅間神社。富士山と浅間山ともに”火を噴く山”でした。



 ”龍神の
    首もたげたる
         泉かな” 


仁王門の右手に”甲賀三郎伝説”で有名な大沼池があります。 


”湧く玉”のあいだから青銅の龍神が顔を出しています。

今は諏訪湖に住む、龍神さまの誕生の地です。







樹齢千年の神代杉、応永二年の茅葺仁王門、風雪ニ百余年の三重の塔、源頼朝ゆかりの逆さ梅、芭蕉句碑、菊紋の本堂、  とにかく見所満載です。



  

 ”かやぶきの 
   山門うつす 
      植え田かな” 

もしくは

 ”萱ふきに 
   仁王はおわす 
     植田かな”  


お寺の周りには、田植えの終えたばかりの水田が拡がっていました。  


Posted by 捨蚕at 06:03
Comments(4)俳句のすすめ

2010年05月16日

奪衣婆(だつえば)・俳句№14

 

”ふところに
   銭六文の
      梅雨(つゆ)の旅”    
  (平成16年6月 捨蚕) 

”青梅を 
  六つ供えて 
       一回忌” 
 (平成17年6月 捨蚕)  


"丹念に
  摘む青梅や
    三回忌
 (平成18年6月 捨蚕)   

 


(飯塚の常福寺の山門左にあります)


三途の川を渡るのには、六文の銭が必要だそうです。 
銭のない亡者は、この奪衣婆に衣類を剥がされてしまいます。  
剥ぎとられた衣類は、懸衣翁(けんえおう)によって、 
衣領樹(えりょうじゅ)の枝にかけられます。  
その重さはまた、業(ごう)という罪の重さだそうです。 


今年の6月6日は父の七回忌です。
  

Posted by 捨蚕at 08:34
Comments(3)俳句のすすめ

2010年05月08日

母の殺意を語る僧(俳句 №13)























































        ”母の日に 母の殺意を語る僧”
                   捨蚕(平成十三年六月)

ぼそぼそと、その僧は幼いときの記憶を語りはじめました。 

一瞬の、殺意に満ちた母の目が、忘れられないと言いました。  

やがて、お母さんは亡くなり、

僧侶である祖父のもとに預けられたそうです。

小さな黒衣を着た小坊主さんは、

村の人気ものでした。

いつもお祖父さん僧侶のあとについて托鉢をしていたそうです。 

二人は菜の花畑が続く丘のうえの、阿弥陀堂にすんでいました。 

道端に小さなお地蔵様がありました。     (続く)
                                        

Posted by 捨蚕at 10:27
Comments(0)俳句のすすめ

2010年05月02日

”たかんな”  俳句№12

 

たかんなの 
   一鋤(ひとすき)にして 
        白き腹 




たかんなの  
   屠(ほふ)られしをり  
       猪(しし)の鼻   



手土産に 
   ひとにぎり摘む 
       夏わらび  

                                                                          

                                       (捨蚕の三句)



昨日、上奥平の知人宅へ。竹の子掘りに行きました。  

背負子(しょいこ)に半分で、やっと崖をあがることができました。

一昨年頃から、イノシシが出没します。猪はたいそうグルメだそうです。  

摘み残しの、ワラビを少しばかり手土産に・・・。  


Posted by 捨蚕at 17:26
Comments(0)俳句のすすめ

2010年04月29日

”あすなろ”のあった街  No11

 





















      鞘(さや)町は  鬼城(きじょう)あすなろ 
                  五月雨(さつきあめ) 
                 
           平成13年6月    捨蚕
 




鞘町(さやちょう) 
慶長三年(1598年)に箕輪からの移城とともに、箕輪の白金町に住んでいた刀の鞘師、研師,柄巻師、金具師、白金師などが移り住んだ町。  
”高崎寿奈子”によると南北長さ31間、名主は、中村武兵衛、中村利左衛門。

鬼城(本名 村上荘太郎) 
明治27年3月より昭和2年6月4日まで、鞘町甲21番地1号に居住。 
”昭和2年6月4日午前3時10分頃、鞘町23番地の染物型付業中嶋光太郎方から出火16戸が全焼”
いわゆる、鞘町の大火のため、昭和3年7月並榎町288番地に移転。 
鞘町の54坪の敷地は隣接の木工業・神保一郎氏に売却。 

あすなろ(クラシック喫茶) 
昭和40年6月、鞘町に再開店。昭和57年閉店。 (3月31日小発見シリーズ36参照)

五月雨(さつきあめ) 
”さみだれ”ともいう。陰暦の五月に降る。梅雨期の霖雨のこと。
  


Posted by 捨蚕at 20:54
Comments(1)俳句のすすめ

2010年04月15日

幟旗(のぼりばた)・俳句のすすめ・その壱拾

 





















山名八幡宮・春祭り                   UTAGE(4月10日の茶会)
    (塩沢宗馬・画)



       春祭る 村の境の 幟旗    
                           捨蚕 




四月十五日は、山名八幡宮の春祭りです。
十四日に男のひとは、のぼり旗をたてます。女のひとは御馳走をつくります。

たとえば木部では六つの字(組・町内)で、十数メートルもある幟旗が揚がります。 
朝早くに、杭に棹をたてて旗をあげます。
旗には、”奉納八幡大神”・”神之為給其盛乎”などの祝いと願いの文字が書かれています。 

今日は村の鎮守さまのお祭りです。  

Posted by 捨蚕at 05:45
Comments(3)俳句のすすめ